当校の新型コロナウイルス対策に関して

 

 Hashimotoです。当校では以前からコロナウイルス感染対策を実施しておりますが、デルタ株の流行に伴い、特に「空気感染」対策を中心に見直しを致しました。以下にご案内いたします。

 

1.換気対策として、スクール内のすべての窓を開放し、サーキュレーター等を使い、換気の改善に努めます。かつ、入り口のドアに関しても、出入りの多い送り迎え時を除き、換気のために開放致します。

 

2.登校時は原則スタッフ・満3歳以上の生徒は全員マスク着用とさせて頂きます。

 

3.開校前・インターバル時に次亜塩素水による消毒作業を行います。

 

4.検温・及び検温記録をお持ち頂くようお願いしております。

 →保護者様に朝お子様の検温を行っていただき、37.5度以下である事を確認頂いております。

  また、検温結果は「Commyunication note」に記載頂き、お持ち頂いております。

 

5.入口に「足踏み式アルコールスタンド」を設置し、入り口で消毒を行ってから中に入っていただいております。お子様がまだ小さく自分でできない時は保護者様にサポート頂いたり、スクールで保有しているハンディー式のものをスタッフがサポートして行っております。手洗いは入室後・合同遊び後・ランチ前・外出帰りとこまめに行います。

 

6.ウイルスを不活性化させる「Biozone」という空気除菌器をレッスンルーム各部屋に配置し、常時除菌を行います。

 

7.ランチの時間は「黙食」の指導を行い、飛沫防止・マスクを外している時間の短縮に努めます。

 

8.登校の関係者で感染が確認された場合には、速やかに公表し保健所の指示に従います。